雑誌:音楽藝術本文へジャンプ 1
HOME
 
漫画
戦前の単行本
戦後の単行本
付録
雑誌
新書版
研究・評論・資料
色紙・原画
 
挿絵・絵物語・童画
少年もの
少女もの
児童もの
 
音楽
作曲家
演奏家
音楽史
声楽・歌劇・舞踊
エッセイ・評論
理論・教育・技法
音楽学
楽器・オーディオ
プログラム・資料  
雑誌
日本音楽・民族音楽
軽音楽・流行歌
 
芸能・映画
喜劇人
俳優
映画史
パンフレット・資料
 
美術
展覧会図録・画集
画廊小冊子
雑誌
  



音楽藝術1 | 音楽藝術2 |  音楽芸術3 | 音楽芸術4    |
 

NEW! D-8000
音楽藝術 昭和21年2月号

第4巻第2号
■座談会・音楽学校の革新(青砥道雄・井上武士・薗田誠一・野村光一・清水脩)
■時評・音楽学校改革論
■随筆・渡世(佐伯孝夫)
■本居長豫君を悼む(小松耕輔)
■第14回音楽コンクール参加規定
■楽譜:「みのむし」(勝田ムメ・山田和男)秋の歌1・みよしのの(長谷川良夫・藤原雅経)2・さびしさに(良暹法師)

A5版32頁 本体経年によるやけシミ・埃によるシミ、若干カケ、裏表紙端濡れシミ、背痛み
\2,000
NEW! D-8001
音楽藝術 昭和21年4月号

第4巻第4号
■田中正平論(田邊尚雄)
■座談会・地方音楽の現状・北九州の音楽を語る(山内常光・島田龍之助・安村初子・野呂信次郎ほか)
■米国における音楽促進運動(2)(松本太郎)
■楽譜:「馬車」「蝉」(三好達治・高田三郎)歌劇夜明け「行こか柿崎」(ノーエル原曲・山田耕筰)窓 白い小窓(藤浦洸・高木東六)

A5版48頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、上部少曲り癖、蔵印 
SOLD OUT
NEW! D-8002
音楽藝術 昭和21年5月号

第4巻第5号
■芸術運動の展望
自発的な意志−「現代音楽」試演会に就て(深井史郎)
日本現代音楽協会の性格(箕作秋吉)
創作的意欲の高調(永井進)
創聲會に就て(園田誠一)

■尾崎君が戦死した(深井史郎) (尾崎宗吉について)
■座談会・日本音楽聯盟の性格(有坂愛彦・杉山長谷夫・薗田誠一・小西誠一・林幸光)
■百舌鳥の巣(勝承夫)
■米国における音楽促進運動(3)(松本太郎)
■楽譜:「ソナチネ」(小倉朗)「富士の頂にて」(ビメンデル・小松清)「時無草」(室生犀星・安倍幸明)

A5版48頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
NEW! D-8003
音楽藝術 昭和21年6月号

第4巻第6号
■終戦後に於ける教育音楽の諸問題(小松耕輔)
■昭和21年度新人の抱負(團伊玖磨・渡辺文江・桑原瑛子他)
■フランス楽壇の近況(阿部よしゑ)
■米国における音楽促進運動(4)(松本太郎)
■楽譜:「六つの子供の歌」(北原白秋・團伊玖磨)

A5版48頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8004
音楽藝術 昭和21年7・8合併号

第4巻第7号
■ブラームスと古典主義(松田智雄)
■音楽の放送に就て(土田貞夫)
■座談会・楽壇の再建に愬ふ(江口博・野呂信次郎・古澤武夫・清水脩)
■第14回音楽コンクール入賞者紹介
■第14回音楽コンクール評(増澤健美・野村光一・清水脩・寺西春雄・清瀬保二)
■原田光子さんのこと(野村光一)
■楽譜:「夜曲」(山田和男)(フルートのための)泉の畔り(清水脩)(フルートとピアノのための)

A5版48頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
NEW! D-8005
音楽藝術 昭和21年9月号

第4巻第8号
■特集・三浦環追憶
三浦環年譜(吉本明光)
追悼の辞(米第八軍牧師・チャップマン)
弔辞(田中耕太郎)
芸術家三浦環(野村光一)
歌に生き恋に生き(藤原義江)
花簪(原信子)
座談会・三浦環を偲ぶ(守屋東・京極高鋭・四谷左門・鈴木乃婦子・佐藤美子・山崎光子・菅美佐緒・長門美保)

■最近のアメリカのレコードについて(村田武雄)
■楽譜:」「墓碑銘」「道」「幻想」(大江満雄・深井史郎)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
NEW! D-8006
音楽藝術 昭和21年10・11合併号

第4巻第9号
■薄幸の音楽家=ベラ・バルトオク小伝(太田黒元雄)
■モオツアルト(1)(吉田秀和)
■明日の大衆音楽について(藁科雅美)
■対談・放送音楽を語る(牧定忠・清水脩)
■音楽文化の公職に在るもの(箕作秋吉)
■米国における音楽促進運動(5)(松本太郎)
■楽譜「一握の砂より」(石川啄木・箕作秋吉)「汚れちまつた悲しみに」(中原中也・石渡日出夫)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、背少サケ
SOLD OUT
NEW! D-8007
音楽藝術 昭和21年12月号

第4巻第10号
■技術に対する敬意について(深井史郎)
■幽居の言葉(早坂文雄)
■座談会・バレエを語る−白鳥の湖合評会(伊藤道郎・小牧正英・掛下慶吉・阿部よしゑ・江口博・藤蔭美代枝)
■モオツアルト(2)(吉田秀和)
■東宝交響楽団の使命(野呂信次郎)
■米国における音楽促進運動(6)(松本太郎)
■楽譜:「朝の挨拶」(高木東六・藤浦洸)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、背痛み欠
SOLD OUT
NEW! D-8008
音楽藝術 昭和22年4・5合併号

第5巻第3号
■音楽に於けるアカデミズムの確立(守田正義)
■私学の自主性(福井直弘)
■音楽学校問題の核心を衝く(永井進)
■小宮豊隆氏を囲む座談会(増澤健美・颯田琴次・野村光一)
■アーロン・コプラントの横顔(松本太郎)
■私の夢見る街(兼常清佐)
■象牙の塔(武川寛海)
■モオツアルト(吉田秀和)

A5版48頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、背サケカケ
\2,000
NEW! D-8009
音楽藝術 昭和22年7月号

第5巻第4号
■現代音楽とアメリカ現代作曲家(クラーレンス・デイヴィス)
■アメリカの軽い曲目(堀内敬三)
■本年度のヒット・ジャズの紹介(J・R・M)
■アサーオキタラスーツクロ(下総皖一)
■座談会・新人について論jず(山根銀二・野村光一・園部三郎・武川寛海)
■ある雑感(別宮貞雄)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、背サケ、記名・印、少赤鉛筆線引き
SOLD OUT
NEW! D-8010
音楽藝術 昭和22年8月号

第5巻第5号
■生誕150年シューベルト記念
シューベルトの浪漫と古典(原太郎)
音楽史上に於けるシューベルトの位置(能村良雄)
シューベルトの作曲技巧(山本直忠)
シューベルトのリードについて(四家文子)
シューベルトの交響曲(箕作秋吉)
シューベルトのピアノ曲(宅孝二)
シューベルトとオペラ(四谷左門)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
SOLD OUT
NEW! D-8011
音楽藝術 昭和22年9月号

第5巻第6号
■特集:地方文化と音楽
農村芸能のことども(浮田左武郎)
座談会・地方に於ける音楽の問題(野村光一・山根銀二・園部三郎・遠山一行)
地方音楽運動と指導者(藤本護)
砂漠に乗り入る交響楽(リリー・フォールズ)
東一番街の音楽(檜山睦郎)

■Impression de la Musique(恩地孝四郎)
■藤原のオペラの事など(遠山一行)
■楽譜:「初夏」「小品」(大木惇夫・尾崎宗吉)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、印
SOLD OUT
NEW! D-8012
音楽藝術 昭和22年10月号

第5巻第7号
■特集:オペラ運動をめぐって
世界オペラ変遷史(四谷左門)
藤原歌劇団より(吉田昇)
長門美保歌劇研究所の抱負(長門美保)
国民歌劇協会について(袴田克己)
パヴォ座のことなど(小松清)

■歌の「味」(関鑑子)
■東邦音楽協会の孕む諸問題(寺西春雄)
■箏の新しい調弦法に就て(田邊秀雄)
■楽譜:「ピアノ・バラード第2番」(松本民之助)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、背少サケ
SOLD OUT
NEW! D-8013
音楽藝術 昭和23年1月号

第6巻第1号
■ベートーヴェン特集号
ベートーヴェンと室内楽(中村善吉)
ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ(松岡清堯)
ベートーヴェンのチェロ作品(鈴木聰)
ベートーヴェンの洋琴協奏曲(箕作秋吉)
ベートーヴェンの歌曲について(木下保)
独逸文学とベートーヴェン(石倉小三郎)
本邦ベートーヴェン演奏史(明治大正音楽史稿)(遠藤宏)

A5版80頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
SOLD OUT
NEW! D-8014
音楽藝術 昭和23年2月号

第6巻第2号
■欧米作曲界の現状(園部三郎)
■国立音楽研究所設立私案−東京音楽学校の大学昇格と邦楽科(岸邊成雄)
■アイヌ民謡を訪ねて(小川昴)
■作曲と私(小倉朗)
■音楽家住所録

A5版56頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、濡れシミ 背サケカケ補修
SOLD OUT
NEW! D-8015
音楽藝術 昭和23年3月号

第6巻第3号
■本邦洋楽文化史概観(遠藤宏)
■音楽学校論−大学昇格に関する私見(吉川英士
■新しき音楽文化のために(小松耕輔・信時潔・木下保・四家文子・井口基成・尾高尚忠・早坂文雄・牧定忠・富樫康他)
■鎌倉シムホニー・オーケストラ(松本太郎)
■あまりに人間的な(石谷正二)
■横光利一と音楽(廣岡淑生))


A5版56頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、濡れシミ 背少サケ、少切れ・少鉛筆線引き
SOLD OUT
NEW! D-8015
音楽藝術 昭和23年4月号

第6巻第4号
■ポール・ヒンデミットの新作について(牧定忠)
■フランクのヴァイオリン・ソナタ(小松清)
■「オクラホマ」の作曲者(宮澤縦一j)
■ブラジルの第一線作曲家群(カールトン・スミス)
■雅楽の危機(押田良久)
■絃楽器の完全状態に就て(上金絃研所)
■日本音楽史上の一考察−声楽発達の原因(田邊秀雄)
■若き世代から(石桁眞禮生)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
\2,000
NEW! D-8016
音楽藝術 昭和23年7月号

第6巻第7号
■タンホイゼルに現はれたヴァーグネルの思想(石倉小三郎)
■ホロヴィッツは語る−音楽的情操としての技術(北野健次)
■声楽の基本的問題(畑中良輔)
■ルヒァルト・シュトラウスの最近作(渡辺護)
■作品を中心として(松平頼則)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
SOLD OUT
NEW! D-8017
音楽藝術 昭和23年8月号

第6巻第8号
■印象派の絵画−ドビュッシーの頃のフランス画壇(今泉篤男)
■ドビュッシー私観(平尾貴四男)
■ドビュッシーを覗く(安部幸明)
■ドビュッシーの遺言状(鈴木聰)

■ピアノ協奏曲第一番(早坂文雄)
■自作について(新作曲派同人−松平頼則・清瀬保二他)
■絃楽五重奏の問題(柴田南雄)


A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、若干ヨレ
SOLD OUT
NEW! D-8018
音楽藝術 昭和23年9・10合併号

第6巻第9号
■二十世紀の管弦楽とその技巧の限界(深井史郎)
■演奏家の価値−ある質問に答えて(山根銀二)
■フーゴ・ヴォルフ(上)(畑中良輔)
■ラハマニノフは語る(北野健次)
■記者のみた戦後の楽界(尾崎宏次)
■若き世代より(三木鶏郎)
■地人會の結成について(平尾貴四男)
■光と影(森正)
■藤原オペラと長門オペラ(四谷左門)
■ソ連作曲家の最近の問題について(井上頼豊)
■ウイリヤム・ウオルトン(ジュリアh・ハーベジ)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、角濡れシミ
\2,000
NEW! D-8018b
音楽藝術 昭和24年2月号

第7巻第2号
■近代における管弦楽作家(3)(深井史郎)
■自作について(貴島清彦・島岡譲・入野義郎・戸田邦雄)
■真理への道(藤田晴子)
■歌劇「春香」の作曲について(高木東六)
■「春香傳」演出手帖(村山知義)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
\2,000
NEW! D-8019
音楽藝術 昭和24年4月号

第7巻第4号
■ストラヴィンスキーにみる管弦楽的発明(深井史郎)
■オペラの限界性に関し(四谷左門)
■ペピト・アリオーラの横顔(北野健次)
■思いつくまゝに(北爪利世)
■ある友へ(畑中更子)
■ピアノトリオに関するノート(松平頼則)

■別冊付録楽譜「ピアノトリオ」(松平頼則)つき(B5版)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
SOLD OUT
NEW! D-8020
音楽藝術 昭和24年5月号

第7巻第5号
■藝術大学への抱負と構想(城戸又兵衛・福井直弘・有馬大五郎)
■ドイツ文学にあらはれた歌劇(石倉小三郎)
■身辺閑話(清瀬保二)
■病床から(國枝誠也)
■コンクール審査員へ(百崎郁子)
■「優しき歌」ノート(柴田南雄)

■別冊付録楽譜「優しき歌」(立原道造・柴田南雄)つき(B5版)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
\4,000
NEW! D-8021
音楽藝術 昭和24年6月号

第7巻第6号
■音楽的著作物の本質(城戸芳彦)
■ヨセフ・ヨアキムの再認識(兎束龍夫)
■問はれるがままに(兼常清佐)
■楽壇と批評への希望(大熊文子)
■不愉快なこといろいろ(田村宏)
■自作について(清瀬保二)

■別冊付録楽譜「四つのピアノ前奏曲」(清瀬保二)つき(B5版)

A5版64頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
\4,000
NEW! D-8022
音楽藝術 昭和24年8月号

第7巻第8号
■楽界の進歩の為に・座談会(石桁眞禮生・清瀬保二・中田喜直・平尾貴四男・鰐淵賢舟他)
■ベーラ・バルトックの生涯と作品(柴田南雄)
■レオポルド・ストコフスキィ論(田代秀穂)
■最近の作曲界から−メロディの貧困(園部三郎)
■オペラへの道(マンフレット・グルリット)
■聴衆の年輪(遠藤啓子・玉置眞吉・斎藤東・石原五木雄・山根銀一)
■シベリヤの音楽生活(山根銀二)

■別冊付録楽譜「ヴァイオリンソナタ」(平尾貴四男)つき(B5版)


A5版84頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ
\5,000
NEW! D-8023
音楽藝術 昭和24年10月号

第7巻第10号
■ピアノ自然演奏法の成立(筧潤二)
■新しい靴を履くハイフェッツ(村田武雄)
■ルビンスティン論(増井敬二)
■座談会・ベートーヴェン−ピアノ曲を中心にして(井口基成・高田三郎・野村光一他)
■舞踊音楽と私(西崎緑)
■楽しい学生時代(夏目鏡子)
■「寶響」問題をめぐって(掛下慶吉)
■ルポタージュ・音楽学生とアルバイト(N記者)

A5版84頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、ホチキス錆
\2,000
NEW! D-8024
音楽藝術 昭和24年11月号

第7巻第11号
■特集:新しき作曲家
意識と無意識(入野義郎)
作曲の課題と目標(黛敏郎)
邦入作品と再演(中田喜直)
現代音楽上の一問題(柴田南雄)
中間音楽論(戸田邦雄)
私の課題(松平頼則)

■リヒャルト・シュトラウスの生涯(石倉小三郎)
■悲運の天才作曲家ムソルグスキイ(長谷川澹)
■忘れえぬフォイアマン(井上頼豊)
■対談:現代ジャズを語る(服部良一・武川寛海)
■ドイツとイタリヤの唱法について(田中伸江)

A5版84頁 本体経年によるやけシミ・埃汚れ、ホチキス錆
\3,000
再入荷 D-8025
音楽藝術 昭和25年2月号

第8巻第2号
■ストラヴィンスキーと新古典主義(塚谷晃弘)
■運弓法について(鷲見三郎)
■オスカー・レヴァント(野川香文)
■マルセル・モイーズ(田辺秀雄)
■音楽技術面に欠けているものは何かー教育面について(城多又兵衛)創作批評について(入野義郎)
■南方で聴いた音楽(佐野鋤)
■楽壇五十年史(石倉小三郎・牛山充・大田黒元雄・ジェームスダン・堀内敬三)

A5版100頁 本体経年によるやけシミ・ホチキス錆び・背下サケ
SOLD OUT
NEW! D-8026
音楽藝術 昭和25年3月号

第8巻第3号
■日本に於ける洋楽の風土(大瀧重直)
■座談会・詩と音楽(菊岡久利・深尾須磨子・緒方昇・清瀬保二・中田喜直・富樫康・山根銀二・武川寛海)
■クゼヴィツキイ論(田代秀穂)
■指揮修行記(遠山信二)
■鼻と歌手(吉田永靖)
■くしゃみと放送(中能島欣一)
■地方音楽ルポタージュ(藁科雅美・他kだ忠市郎・吉村一夫・梅津勝夫)

A5版100頁 本体経年によるやけシミ・記名
\2,000
NEW! D-8027
音楽藝術 昭和25年4月号

第8巻第4号
■ジュセッペ・ヴェルディ論(渡辺護)
■鼎談・声楽家への考察(太田黒元雄・薗田誠一・山根銀二)
■ブルノ・ワルタア 十九世紀のリリシズム(田代秀穂)
■ニコロ・パガニーニ(林白人)
■ピアノ・タッチ小論(永井進)
■最近の作曲界(富樫康)
■対談・打楽器を語る(仁木多喜雄・武川寛海)
■我が貧乏物語(松平頼則)

A5版100頁 本体経年によるやけシミ・
\2,000
NEW! D-8028
音楽藝術 昭和25年5月号

第8巻第5号
■アレクサンドル・タンスマン(松平頼則)
■ウイルヘルム・フルトヴェングラァ(田代秀穂)
■ビング・クロスビイ−発声とクルーナーについて(畑中良輔)
■ニコロ・パガニーニ(林白人)
■ウィルヘルム・ミュラー−音楽に現れた文学作品(藤村宏)
■音楽は恐い(含宙軒夢聲=徳川夢声)
■私のコンクール考(関鑑子)
■「冬の旗」と「地人會」をきいて(夏目鏡子)

A5版100頁 本体経年によるやけシミ・背上少サケ
SOLD OUT
NEW! D-8029
音楽藝術 昭和25年6月号

第8巻第6号
■パウル・ヒンデミット教授とその作品(坂本良隆)
■ガブリエル・フォーレとその歌曲を廻って(畑中良輔)
■現代音楽とジャズ(塚谷晃弘)
■座談会・我が国の現代楽をどう確立するか(1)(石桁眞禮生・柴田南雄・中田喜直・入野義郎・別宮貞雄・戸田邦雄・畑中良輔)
■フェリックス・ワインガルトナア論(田代秀穂)
■フランス音楽の新傾向について(三浦潤)
■ショスタコウィッチの戦争から(上田仁)
■邦訳歌詞への感想(信時潔)
■対談による清瀬保二論(山根銀二)

■グラビア:清瀬保二

A5版132頁 本体経年によるやけシミ、背上少カケ
\2,000
NEW! D-8030
音楽藝術 昭和25年7月号

第8巻第7号
■パウル・ヒンデミット教授とその作品(坂本良隆)
■座談会・演奏家の新しきモラるについて(荒牧規子・伊藤裕・岩井真吾・藤田晴子・山根銀二)
■ウイルヘルム・メンゲルベルグ論(田代秀穂)
■病癇駄言(山田耕筰)
■現代音楽の苦悩(箕作秋吉)
■レコード流行歌(田邊秀雄)
■対談による池内友次郎論(山根銀二)

■グラビア:池内友次郎

A5版132頁 本体経年によるやけシミ・背若干カケ
\2,000
NEW! D-8031
音楽藝術 昭和25年9月号

第8巻第9号
■シェーンベルクの作曲技法(入野義郎)
■現代アメリカ音楽の傾向(三浦淳史)
■座談会・新作曲派の指向(清瀬保二・早坂文雄・松平頼則・渡辺浦人・大築邦雄・塚谷晃弘)
■日本に於ける作曲家の悲劇(大瀧重直)
■後に考えるもの―ファニー公演雑感(中原淳一)
■現代奏法とツェルニー風技巧の効用(宅孝二)
■現代日本作曲家群像:信時潔・大沼哲(富樫康)


A5版132頁 本体経年によるやけシミ、濡れシミ・背若干カケ
SOLD OUT
NEW! D-8032
音楽藝術 昭和25年10月号

第8巻第10号
■エリック・サティ(ロベール・小松清)
■現代ソヴィエト作曲界(戸田邦雄
■ヨオゼフ・ローゼンシュトック(田代秀穂)
■座談会・地人會の立場(平尾貴四男・高田三郎・安部幸明・島岡譲)
■批評と反批評−クロイツァー氏と新作曲派の諸氏へ(遠山一行)
■ニュース:戦後初めて来朝する演奏家 ラザール・レヴィについて
■オペラ運動の生い立ち時代(清水静子)
■子供を留学させて(高野三三男)
■音楽家の顔(西村愿定)
■末梢的音楽談義(野辺地瓜丸)
■現代日本作曲家群像:菅原明朗・箕作秋吉(富樫康)

A5版132頁 本体経年によるやけシミ、濡れシミ
SOLD OUT
NEW! D-8033
音楽藝術 昭和25年11月号

第8巻第11号
■ベーラ・バルトーク(柴田南雄)
■ムソルグスキー論(渡辺護)
■現代ソヴィエト作曲界(続)(戸田邦雄)
■二十世紀音楽の動向(今泉和男)
■エーリヒ・クライバァ(田代秀穂)
■指揮者の手記・現代作曲家寸描(尾高尚忠)
■現代イギリス音楽(三浦淳史)
■サティとコクトオの物語(原良郎)
■ショスタコヴィッチのこと(野崎韶夫)
■遠山一行氏に対する新作曲派の答(松平頼則)
■音楽放談・作曲を教えた人々(菅原明朗)
■世界ヴァイオリニストの系譜(大木正興)
■現代日本作曲家群像:近衛秀麿・下総皖一・宮原禎次

A5版132頁 本体経年によるやけシミ、濡れシミ
\2,000
NEW! D-8034
音楽藝術 昭和26年1月号

第9巻第1号
■ラザール・レヴィ特集
ラザール・レヴィは語る・座談会(ラザール・レヴィ夫妻・池内友次郎・安川加寿子・宅孝二・山根銀二)
解釈の過剰について(ラザール・レヴィ)
公開講座(池内友次郎・安川加寿子編)

■邦人指揮者論(清水脩)
■ベーラ・バルトーク(柴田南雄I
■シェーンベルヒの作曲技法(入野義郎)
■二十世紀音楽の動向(箕作豊秋)
■第十九回音楽コンクール評(太田黒元雄・薗田誠一・井上頼豊・清水脩・野村光一)

A5版132頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 座談会の頁に少線引き
SOLD OUT
NEW! D-8035
音楽藝術 昭和26年2月号

第9巻第2号
■廿世紀の音楽美学(男澤淳)
■アメリカの指揮者(田代秀穂)
■ベーラ・バルトーク(4)(柴田南雄)
■オペラ・宝響・芸術祭批判(無名氏匿名座談会)
■ストラヴィンスキィと舞踊音楽(原良郎)
■フランシス・プーランクの作品について(伊藤道雄)
■近代日本作曲家論(山本龍司)
■日本の声楽家(野呂信次郎)
■二つの作品発表会の印象−地人會と新作曲派(原太郎)
■十二音階音楽の発展(松本太郎)
■アメリカバレー五十年史(三浦潤)
■現代日本作曲家群像:大木正夫・池譲:・石井五郎(富樫康)

A5版132頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印、野呂の頁少線引き
SOLD OUT
NEW! D-8036
音楽藝術 昭和26年3月号

第9巻第3号
■リルケと音楽(竹内豊次)
■十二音階音楽への道(箕作秋吉)
■ベーラ・バルトーク(柴田南雄)
■ショスタコヴィッチの「第九」(戸田邦雄)
■ロベルト・フランツ(畑中良輔)
■関響と私(朝比奈隆)
■テノール馬鹿(柴田睦陸)
■座談会:現代芸術を巡って(中村真一郎・脇田和・斎藤長三・團伊玖磨・土田貞夫・山根銀二)
■作曲家群像:諸井三郎・宅孝二(富樫康)
■音楽人の顔:遠山一行

A5版132頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印、野呂の頁少線引き 背少カケ
\2,000
NEW! D-8037
音楽藝術 昭和26年4月号

第9巻第4号
■ヴェルディの生涯と作品(三宅善三)
■プロコフィエフ(中根宏)
■リストの歌曲(畑中良輔)
■フレデリック・ショパン(パデレフスキー)
■座談会:アメリカ現代楽を語る(佐藤善夫・清瀬保二・三浦淳史・山根銀二)
■音楽人の顔:清水脩
■東京藝術大学・法学化の存在理由(吉川英士)
■日本のピアニスト(大木正興)
■尾高尚忠を憶う(諸井三郎・山田和男・井口基成)
■人物論:凡人 清瀬保二(塚谷晃弘)
■現代日本作曲家群像:原太郎・高木東六(富樫康)

■グラビア:逝ける尾崎尚忠

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8038
音楽藝術 昭和26年5月号

第9巻第5号
■サンサーンスの人と作品(松平頼則)
■座談会:ソヴィエト現代楽を語る(井上頼豊・上田仁・戸田邦雄・山根銀二)
■十二音音楽とは何か(1)(入野義郎)
■ドイツの指揮者(田代秀穂)
■尾高さんの思い出(安川加寿子)
■プロコフィエフ回想(大田黒元雄)
■坊ちゃん・平尾貴四男(箕作秋吉)
■現代日本作曲家群像:山本直忠(富樫康)
■再びテノール馬鹿について(薗田誠一)
■桑澤雪子という女(有坂愛彦)
■楽壇パトロン列伝(野村敏一郎)
■音楽人の顔:村田武雄

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 背サケ補修
\2,000
NEW! D-8039
音楽藝術 昭和26年6月号

第9巻第6号
■座談会:音楽と読書(加藤成之・野村光一・堀内敬三・牧定忠・山根銀二)
■日本のヴァイオリニスト(寺西春雄)
■作曲を教えた人々(下総皖一)
■茶人 早坂文雄(大築邦雄)
■今日このごろ(長門美保)
■思いがけぬ受賞(高木清)
■沈丁花の便り(松内和子)
■オペラへの抱負(三枝喜美子)
■楽遊六十年(中山晋平)
■現代日本作曲家群像:橋本國彦・細川碧(富樫康)
■音楽人の顔:石井歓

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 背サケ補修
SOLD OUT
NEW! D-8040
音楽藝術 昭和26年7月号

第9巻第7号
■座談会:ヨーロッパ現代音楽を語る(天野秀延・三浦潤・入野義郎・山根銀二)
■意義椅子作曲界の現状(ドロシイ・ブリットン)
■十二音音楽とは何か(入野義郎)
■指揮者瞥見(日比野愛次)
■病床から学んだもの(辻久子)
■フォルム随想(鈴木聰)
■音楽の疑問への怪盗−現代楽(柴田南雄)邦楽(吉川英士)
■ラザール・レヴィ論(松本太郎)
■良寛 松平頼則(清瀬保二)
■一指揮者の回想的雑言(金子登)
■現代の本作曲家群像:池内友次郎(富樫康)
■音楽人の顔:畑中良輔

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 背サケ補修
\2,000
NEW! D-8041
音楽藝術 昭和26年8月号

第9巻第8号
■座談会:ローゼンシュトックを囲んで(ローゼンシュトック・平尾貴四男・箕作秋吉・園部三郎・山根銀二)
■ローゼンシュトックと日響(田代秀穂)
■プロコフィエフのピアノ曲(奥村一)
■リサイタルの事(長戸路愛子)
■ぴあのへのてがみ(関原和子)
■道徳・芸術・掟(宮内鎮代子)
■古典演奏の考察(秋元道雄)
■若き作曲家の死(乾春男のこと)(原良郎)
■クーセヴィツキーの死(村田武雄)
■現代日本作曲家群像:呉泰次郎(富樫康)
■音楽人の顔:野呂信次郎

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 背サケ補修
SOLD OUT
NEW! D-8042
音楽藝術 昭和26年9月号

第9巻第9号
■特集:音楽批評の主張と批判
批評の主観性と客観性(田邊秀雄)
純粋批評という夢(遠山一行)
私の音楽批評への考え(属啓成)
作品批評を中心にして(諸井三郎)
批評家と演奏家の見解(井上頼豊)
音楽批評という言葉(高田三郎)
批評家への提言(清瀬保二)
技術批評の限界と其の限度(柴田睦陸)

■関西オペラ三歳の記(朝比奈隆)
■家(朝倉靖子)
■シェ−ンベルクの死(入野義郎)
■ザッハリッヒな演奏の感想(藤田晴子)
■ハロルド・バウアーの思い出(矢代幸雄)
■珈琲と音楽(三潴末松)
■現代日本作曲家群像:深井史郎・小船幸次郎(富樫康)
■音楽人の顔:巌本真理

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 背サケ補修・上カケ、1枚切れテープ補修シミ
SOLD OUT
NEW! D-8043
音楽藝術 昭和26年10月号

第9巻第10号
■アシル・ドビュッシイ(平島正郎)
■作曲について(池内友次郎)
■ヴァイオリン教育に関する一見(岩船雅一)
■座談会:音楽家を如何に育てるか(池内友次郎・遠山一行・永井進・柳兼子・山根銀二)
■失敗談(大村卯七)
■タッチの本質−ガブロウイッチは語る(北野健次)
■来朝演奏家の経済白書(京極高鋭)
■音楽人の顔:増澤健美

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 
\2,000
NEW! D-8044
音楽藝術 昭和26年11月号

第9巻第11号
■アメリカ楽界はどう動いているか(戸田邦雄)
■”楽壇の動き”を衝く(音楽無名氏座談会)
■日本のジャズ演奏家(野川香文)
■原子時代のピアノ(兼常清佐)
■オイストラッフの横顔(寺西春雄)
■カサードさんの思い出(大島正泰)
■民謡雑感(高柳二葉)
■高いメニューヒンの切符(井上頼豊)
■クルト・ウェウ氏の横顔(三宅善三)
■メニューヒンを聴いて(田邊秀雄・村田武雄他)
■現代日本作曲家群像:松平頼則(富樫康)
■音楽人の顔:大木正興・木村重雄

■グラビア:クルト・ウェス


A5版110頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 
\2,000
NEW! D-8045
音楽藝術 昭和26年12月号

第9巻第12号
■現代フランス音楽の鬼才 オリヴィエ・メシアン(西山広一)
■メヌーヒンと批評(村田武雄)
■ニジンスキーの一生と藝術(中根宏)
■塩入亀輔論(高沢元夫)
■ピアノ演奏における独創性の探究- パッハマンは語る(北野健次)
■戦場のピアノ」(伊達純)
■メニューヒンを聴いて(鷲見三郎)
■アンフィパルナッソ(小船幸次郎)
■私のイソップ物語(梶原完)
■暖かい音楽(ウェディガー立江=田中立江)
■リードあれこれ(佐々木成子)
■第20回音楽コンクール評(園部三郎・野呂信次郎他)
■ジャズに於けるセンチメンタリズム(牧芳雄)
■現代音楽における民族性の問題(井上和男)
■音楽人の顔:朝比奈隆

A5版110頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印 
\2,000
NEW! D-8046
音楽藝術 昭和27 年1月号

第10巻第1号
■日本楽界への言葉(マルセル・グリリ)
■芸術祭の意図と成果(小林源治・田邊秀雄)
■バルトックあれこれ(清瀬保二)
■レオニード・クロイツァー教授は語る
■フランス通信(池内友次郎)
■ピアノ学習と楽曲分析-グッドソンは語る(北野健次)
■ダリウス・ミローとリリシズム(原良郎)
■名演奏家紹介:ウィルアム・カペル(寺西春雄)
■現代日本作曲家群像:平尾貴四男(富樫康)

A5版84頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8047
音楽藝術 昭和27 年2月号

第10巻第2号
■シュワイツァの人と音楽(高橋功)
■対談:邦人作品の演奏を通して(安川加寿子山根銀二)
■日本楽界の問題は何か(清瀬保二・塚谷晃弘・井上頼豊・田村宏・永井進・薗田誠一I
■カツポレ(兼常清佐)
■音楽ルポ-関西に楽壇は存在するか

A5版100頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8048
音楽藝術 昭和27 年3月号

第10巻第3号
■座談会:現代日本の作曲界は如何にあるべきか(清瀬保二・平尾貴四男・柴田南雄・金井喜久子)
■アメリカの音楽雑誌(麻上俊夫)
■デ・ファリアとグラナダの音楽(原良郎)
■未成人(石井歓)
■あたりまえな話(芥川也寸志)
■楽壇見たまま(高折宮次)
■フランス帰朝談(池内友次郎・山根銀二)
■楽員から見た指揮者(吉田雅夫)
■楽壇五十年史(1)(牛山充)
■我が敬愛する作曲家・演奏家(藤田晴子)
■現代日本作曲家群像:大澤壽人(富樫康)

■グラビア:レイモン・ガロア・モンブラン/鈴木聰

A5版102頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8049
音楽藝術 昭和27 年4月号

第10巻第4号
■ブゾォニィの思い出(ハッティングベルグ・吉村博次)
■ブラームス論(1)(門馬直美)
■日本の指揮者-修行中のカペルマイスター(田代秀穂)
■座談会:演劇と音楽-夕鶴をめぐって(木下順二・岡倉士朗・團伊玖磨・園部三郎)
■明日のピアニスト-バックハウスは語る(北野健次)
■指揮のむずかしさ(遠山信二)
■料理と味(一柳慧)
■うどんの話(大澤壽人)
■琉球秘話(金井喜久子)
■関屋敏子さんのこと(四谷左門)
■モンブラン・ジョワ批評(岡部三郎・井上頼豊・鈴木共子)
■現代日本作曲家群像(須賀田礒太郎・長谷川良夫(富樫康)

A5版102頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8050
音楽藝術 昭和27 年5月号

第10巻第5号
■現代作曲家論
プロコフィエフ(戸田邦雄)バルトーク(北沢方邦)ヒンデミットの作品に就いて(中瀬古和)シェーンベルクの意味するもの(入野義郎)メシアンについての一断片(牧定忠)コープランド(三浦淳史)ショスタコオウィッチ(芥川也寸志)ストラヴィンスキー(塚谷晃弘)
■あるコンサートマスターの旅行記より(鳩山寛)
■座談会:ヨーロッパより帰りて(野村良雄・吉田秀和・柴田南雄)
■ヒュッシュとトラウベルに何を期待するか(薗田誠一)
■国際現代音楽祭の入選局について(松平頼則)

■グラビア:新作曲派の人々(鈴木博義・塚谷晃弘・早坂文雄・清瀬保二・松平頼則・武満徹・大築邦雄)

A5版102頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
NEW! D-8051
音楽藝術 昭和27 年6月号

第10巻第6号
■絵画の抽象と音楽(阿部展也)
■座談会:音楽と政治(山根銀二・園部三郎・牧定忠・田邊秀雄・塚谷晃弘)
■コンスタント・ラムバート(三浦淳史)
■第一次大戦後のフランス音楽(レイモン・ガロワ・モンブラン、ジュヌヴィエーヴ・ジョア)
■モンブラン、ジョア両氏と作曲家の座談会(松平頼則・清瀬保二・箕作秋吉他)
■欧州における国際現代音楽祭(松本太郎)
■ある日の来客(呉泰次郎)
■日本人の表情(須賀田礒太郎)
■ヒュッシュとトラウベルの演奏を聴いて(畑中良輔・川崎静子・秋元雅一朗)

■グラビア:地人會(貴島清彦・高田三郎・平尾貴四男・安部幸明・島岡譲・小林福子)

A5版110頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
NEW! D-8052
音楽藝術 昭和27 年7月号

第10巻第7号
■座談会:来朝音楽家を如何に受け入れるべきか(増澤健美・薗田誠一・原信子・山根銀二)
■顔(團伊玖磨)
■芸術と奉仕(平井康三郎)
■きのうの日曜日七つのたより(塚谷晃弘)
■近代和声学(松平頼則)
■実用音楽の作曲と技巧について
ラジオドラマの音楽について(中田喜直)
映画音楽の作曲技巧について(安部盛)
編曲の経験(大澤壽人)
■現代日本作曲家群像:服部正、八木伝(富樫康)
■十年後の楽界に何を期待するか(藤田不二・堀内敬三・井口基成・兼常清佐・服部正ほか)

A5版110頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印、表紙若干シミ
SOLD OUT
NEW! D-8053
音楽藝術 昭和27 年8月号

第10巻第8号
■音楽家の育成とその実践(吉田秀和)
■特集:現代の音楽思潮
ドデカフォニーと音楽思潮(入野義郎)
ソヴェト現代音楽都社会主義リアリズム(井上頼豊)
アメリカ現代音楽の方向(三浦淳史)
■特集:音楽と聴衆
地方音楽会の聴衆と組織化の実態(十河巌)
聴衆と批評家への注文(伊藤道郎)
音楽界の企画と収支について(掛下慶吉・足立和雄・大谷毅)
■我が師サルコリを想う(柏熊君子)

■グラビア:白濤会の人々(小山清茂・山本直忠・渡辺茂・金井喜久子・石井五郎・平井康三郎)

A5版110頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
NEW! D-8054
音楽藝術 昭和27 年9月号

第10巻第9号
■最近の欧州楽壇を巡りて(徳川頼貞)
■ピアノ学習における細部の重要性(北野健次)
■演奏上の新しいリリシズムへの推論(渡辺茂)
■座談会:邦人作曲批判)清瀬保二・早坂文雄・箕作秋吉・原太郎・山根銀二)
■カステルヌオボ・テデスコの音楽(高橋功)
■佐藤さんの思い出(辻荘一)-佐藤謙三

A5版102頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印、背上カケ
SOLD OUT
NEW! D-8055
音楽藝術 昭和27 年10月号

第10巻第10号
■特集:民謡再検討
日本民謡の移動性に就て(田邊秀雄)
日本民謡の際探究(塚谷晃弘)
日本民謡の地域的な特徴と分布状態(町田嘉章)
邦楽と民謡の関係について(吉川英士)
座談快:民謡の現代楽化について(清水脩・原太郎・平尾貴四男・山根銀二)
バルトークとハンガリー民謡(北沢方邦)
アメリカ民謡の現代楽化(三浦淳史)
■雑感(鰐淵賢舟)
■高原便り(四家文子)
■最近の音楽界で(青木十良)
■ヨハネス・ブラームス論(3)(門馬直美)
■近代和声学(松平頼則)

■グラビア:新声会の人々(中田喜直・畑中良輔・入野義郎・石桁眞禮生・戸田邦雄・柴田南雄)

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印、後半角曲り癖
SOLD OUT
再入荷 D-8056
音楽藝術 昭和27年11月号

第10巻第11号
■ヨハネス・ブラームス論<4>(門馬直美)
■イタリヤ音楽の動向―戦前より今日に至る(天野秀延)
■雅楽の現代楽化について(松平頼則)
■創作雑感(山本直忠)
■「白鳥」とハープ(阿部よしゑ)
■若き日の音楽交友録−あの頃の友達仲間を語る(上田仁)私の合奏仲間(信時潔)あの頃の思い出(石倉小三郎)
■現代日本作曲家群像 渡辺浦人/平井康三郎(富樫康)

A5版116頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
NEW! D-8057
音楽藝術 昭和27 年12月号

第10巻第12号
■調性の解放から否定へ(清水脩)
■ソヴェト現代音楽と民謡(井上頼豊)
■近代和声学(3)(松平頼則)
■特集:メノッティの「領事」について(三浦淳史・黛敏郎・属啓成)
■ミュンヘン便り(石井歓)
■スイス便り(園田高弘)
■音と形と匂いと(松平頼則)
■魅力(一柳信二)
■第21回音楽コンクール評(富樫康・桂近乎・藤田晴子)
■人我を指揮者と呼ぶ(高田信一)
■現代日本紗極化群像:金井喜久子(富樫康)
■近衛管弦楽団のこと(田代秀穂)

A5版118頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ、蔵印
\2,000
再入荷 D-1002
音楽芸術 昭和28年1月号

第11巻第1号
■ヨハネス・ブラームス論<6>(門馬直美)
■コルトーと切符(白野弁十郎)
■1952年のバイロイト音楽祭(属啓成)
■伊福部昭と早坂文雄(三浦淳史)
■アメリカの音楽生活展望(プリングスハイム)
■近代和声学(松平頼則)
■国際芸術家会議(清瀬保二)
■楽しい回想(大中寅二)
■今年の課題(箕作秋吉・黛敏郎・中田喜直・團伊玖磨・安部幸明・早坂文雄・内田るり子・藤田晴子他)
■日本現代作曲家群像:荻原利次・安部幸明(富樫康)

■グラビア 1952年のバイロイト音楽祭 4P

A5版128頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。背少サケ
SOLD OUT
再入荷 D-1004
音楽芸術 昭和28年2月号

第11巻第2号
■ジュネーヴ国際演奏コンクールに関するニュース
■現代音楽の課題(入野義郎)
■一作曲家の手記から(塚谷晃弘)
■愚人の手記(柴田睦陸)
■演奏生活の一般的問題(岩淵龍太郎)
■現代日本作曲家群像 尾高尚忠/清水脩(富樫康)

■グラビア:松平頼則

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。蔵印
SOLD OUT
再入荷 D-1003
音楽芸術 昭和28年3月号

第11巻第3号
■戦後ソヴェト楽界の胎動(井上頼豊)
■ニホン人の音楽的素質(兼常清佐)
■中山晋平氏を悼む(牛山充)
■放送音楽考(1)(田邊秀雄)
■現代日本作曲家群像:大築邦雄・市川都志春(富樫康)

■ヨハネス・ブラームス論<7>(門馬直美)

■グラビア・箕作秋吉・清瀬保二

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。蔵印、裏角カケ
SOLD OUT
再入荷 D-1005
音楽芸術 昭和28年4月号

第11巻第4号
■特集・現代日本音楽―戦後に於ける作曲回展望
新作曲派協会の戦後の仕事(松平頼則)
地人會はどう進んできたか(高田三郎)
白濤会の結成より今日に至る迄(山本直忠)
新声会のこれまでとこれから(入野義郎)
自由作曲家協会の意図するもの(鏑木貢)
私の戦後の仕事とこれからの創作プラン(箕作秋吉・黛敏郎・団伊玖磨・信時潔ほか)
演奏家から見た邦人作品(四家文子・内田るり子・鈴木共子他)
1945年以後の作曲会批判(原太郎)

■座談会:清瀬保二欧州帰朝談(清瀬保二・松平頼則・山根銀二)
■すぽっとらいと:松平頼則(塚谷晃弘)

■グラビア:ヨーゼフ・シゲティ/信時潔

A5版110頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ
SOLD OUT
NEW! D-1005b
音楽芸術 昭和28年5月号

第11巻第5号
■現代社会に於ける音楽家−世界芸術家会議音楽部門開会に当っての演説(A・オネガー)
■現代社会に於ける音楽家−オネガー氏の所論に対する反論(ダニロ・スヴァラ)
■モギレフスキー教授の我が楽壇に於ける業績(牛山充)
■恩師モギレフスキーを悼む(植野豊子)
■亡弟を偲んで(小松耕輔)

■プロコフィエフ特集
プロコフィエフ(戸田邦雄)
プロコフィエフの死(園部四郎)
プロコフィエフと社会主義リアリズム(井上和男)
映画音楽の特質とプロコフィエフ(深井史郎)
プロコフィエフの思い出(阿部よしゑ)
■現代日本作曲家群像:山田和男・高田三郎(富樫康)

■グラビア:ギーゼキング/モギレフスキー/小松平五郎

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚、蔵印、ホチキス錆
\2,000
再入荷 D-1006
音楽芸術 昭和28年6月号

第11巻第6号
■スクリャービンの神秘の和音(A・E・ハル 小松平五郎)
■ロシア音楽におけるプーシキン(アサフィエフ)
■ドデカフォニストとその仕事(対談:柴田南雄・入江義郎)
■現代イタリー作曲界概観(清瀬保二)
■兼常清佐氏の文体について(小山郁之進)
■源田印本作曲家群像 伊福部昭

■グラビア:マリアン・アンダーソン/牛山充

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。蔵印
SOLD OUT
再入荷 D-1007
音楽芸術 昭和28年7月号

第11巻第7号
■フランス現代作曲家に見られる中世音楽の再評価(野村良雄)
■バルトーク・作品から観た現代音楽(属啓成)
■わが作曲修行の記(清瀬保二)
■私が作曲をやりはじめた頃(深井史郎)
■シゲティの指導を受けて(鈴木共子・丘理子・植村由美子・有松洋子)
■現代作曲家群像 早坂文雄(富樫康)

■グラビア:増澤健美/ルートヴィヒ・ヘルシャー

A5版126頁 本体経年によるヤケ。埃汚れ
SOLD OUT
再入荷 D-1008
音楽芸術 昭和28年8月号

第11巻第8号
■ヨハネス・ブラームス論<10>(門馬直美)
■作曲家と演奏家との提携(D・ショスタコーヴィッチ)
■パウル・ヒンデミット(属啓成)
■我が学びし道(山本直忠)
■我が作曲修行の記(服部良一)
■日本の音楽家に欠けているもの(中田喜直)

■グラビア:山田耕筰/門馬直衛

A5版124頁 本体経年によるヤケシミ。埃汚れ、蔵印 
\2,000
再入荷 D-1009
音楽芸術 昭和28年9月号

第11巻第9号
■特集・大衆音楽論
危機の時代の音楽(北沢方邦)
ラジオ音楽の大衆性と芸術性(堀内敬三)
歌曲の大衆化について(塚谷晃弘)
大衆とタンゴについて(北村維章)
ジャズ・タンゴ熱を批判する(門馬直美)
ジャズ熱に対する批判と正しいジャズ鑑賞(紙恭輔)
大衆−ジャズ−永遠(宅孝二)
演奏家として音楽の普及化を斯く考え斯く行動する(高木東六)

■ダリウス・ミロー(属啓成)
■ヘルシャーについて(小沢弘)
■ヘルシャーの指導を受けて(堀江泰氏・富沢数馬・菊川暁・藤井晃)
■自作分析−交響曲について(清水脩)
■現代日本作曲家群像:小山清茂・尾崎宗吉(富樫康)

■グラビア 大田黒元雄・近衛秀麿

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ、ホチキス錆
SOLD OUT
再入荷 D-1010
音楽芸術 昭和28年10月号

第11巻第10号
■特大号・二十世紀の作曲家
R・シュトラウス/シェーンベルク/ベルク/ヒンデミット/ヴェレス/ウェーベルン/クシェネーク/ドビュッシー/デュカ/ルーセル/サティ/ラヴェル/ミヨー/オネゲル/ジョリヴェ/メシアン/イベール/レイボヴィッツ/スクリャービン/ラフマニノフ/ミャスコフスキー/ストラヴィンスキー/ショスタコーヴィチ/プロコフィエフ/ハチャトゥリャン/カバレフスキー/バルトーク/コダーイ/ウォルトン/デリアス/ウィリアムス/ラムバート/ブリテン/レスピーギ/カゼッラ/ピツェッティ/ダラピッコラ/カステルヌオーヴォ=テデスコ/ガーシュイン/カーペンター/ピストン/ハンソン/ダイアモンド/ブロッホ/メノッティ/トムソン/セションズ/W・シューマン/R・ハリス/コープランド/グローフェ/グリューンバーグ/マルタン/シベリウス/ファリャ/アルベニス/グラナドス

書き手:入野義郎/深井史郎/柴田南雄/芥川也寸志/大田黒元雄/天野秀延/三浦淳史/服部良一/西野茂雄ほか


A5版216頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ、蔵印
\3,000
再入荷 D-1011
音楽芸術 昭和28年11月号

第11巻第11号
■特集:廿世紀作曲界展望
ソヴェト楽壇と作曲家(井上頼豊)
現代フランス楽壇と作曲家(松本太郎)
現代アメリカ楽壇と作曲家(三浦潤)
中南米の作曲家(三浦淳史)
英国合唱音楽の新世紀(D・ブリットン)
ドイツとチェコの現代音楽界(渡辺護)
現代イタリア音楽イタリア音楽(門馬直美)
中東現代音楽への展望(井上和男)
座談会:廿世紀の作曲思潮(松平頼則・原太郎・高田三郎・入野義郎・井上和男・山根銀二)

■ソヴェト東欧の音楽事情-ショスタコヴィッチ会見記(羽仁五郎)
■グリーリ氏の紛争(プリングスハイム)
■贋物とは何か−深井史郎氏の所説を批判する(間宮芳生)
■現代日本作曲家群像:小倉朗(富樫康)

■グラビア:アイザック・スターン/ソロモン/ラザール・レヴィ

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ、蔵印、ホチキス錆。
SOLD OUT
再入荷 D-1012
音楽芸術 昭和28年12月号

第11巻第12号
■ヨハネス・ブラームス論<8>(門馬直美)
■現代イタリア楽壇と作曲家(徳永政太郎)
■イゴール・ストラヴィンスキー(属啓成)
■遠山一行氏に欧州楽界の様子を聞く(座談会・柴田南雄・木村重雄・塚谷晃弘)
■深井史郎氏への手紙‐今日ドデカフォニーを論ずる必要について(吉田秀和)
■現代日本作曲家群像:戸田邦雄・柴田南雄(富樫康)

■グラビア:ジャン・マルティノン/ゲルハルト・ヒュッシュ

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ、ホチキス錆
\2,000
再入荷 D-1013
音楽芸術 昭和29年1月号

第12巻第1号
■特集・現代代表作品研究
シェーンベルク「ワルソーの生き残り」(諸井誠)
ベルク「ヴァイオリン協奏曲」(入野義郎)
ウェーベルン「九つの楽器のための室内協奏曲」(〃)
メシアン「世の終わりのための四重奏」(石桁真礼生)ほか

■シュワイツァについて(シャルル・ミュンシュ、高橋功)
■マルティノンと彼の芸術を語る(池内友次郎・安川加寿子・山根銀二)
■クロイツァー先生の死を悼んで(高折宮次)
■恩師クロイツァー先生を偲ぶ(小園登史子)
■ソロモンを聴いて(藤田晴子)
■ウィリアム・カペルの死(渡辺護)
■現代日本作曲家群像:石桁眞禮生・貴島清彦(富樫康)

■グラビア:小松耕輔/諸井三郎/クロイツァー
A5版220頁 本体経年によるヤケシミ 埃汚れ、蔵印、ホチキス錆
\2,000
再入荷 D-1014
音楽芸術 昭和29年2月号

第12巻第2号
■ドデカフォニズム是非論
前衛藝術としての十二音音楽への批判(守田正義)
十二音の音楽について(中田喜直)
反十二音的考察(戸田邦雄)
十二音音楽への希い(石桁眞禮生)
十二音音楽は衰退しつつあるか?―E・クシェネックの意見(辻啓一)
■3人の会の発言(座談会:団伊玖磨・芥川也寸志・黛敏郎)
■平尾貴四男のこと(高田三郎)
■平尾貴四男における技法について(松平頼則)
■現代の本作曲家群像:塚谷晃弘・高田信一(富樫康)

■グラビア:下総ユ一・平尾貴四男

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ
SOLD OUT
再入荷 D-1015
音楽芸術 昭和29年3月号

第12巻第3号
■ヨハネス・ブラームス論<12>(門馬直美)
■印度音楽ノート(印度大使館提供)
■ヒュッシュと語る(座談会:牛山充・属啓成・山根銀二・松本馨)
■セルゲイ・プロコフィエフ(属啓成)
■具象音楽に対する意見(土田貞夫)
■ミュジック・コンクレットへの一私見(塚谷晃弘)
■ミュージック・コンクレート(木村重雄)
■海外ギター音楽の動向(高橋功)
■現代日本作曲家群像:入野義郎(富樫康)


■グラビア:安藤幸子・ジェルメーヌ・ルルー

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ、蔵印、ホチキス錆。
\2,000
再入荷 D-1016
音楽芸術 昭和29年4月号

第12巻第4号
■特集・日本の交響楽団運動を批判する
日本に於ける交響楽運動史(牛山充)
NHK交響楽団(大木正興・木村重雄)
東京交響楽団(属啓成・村田武雄)
東フィルと近衛(野呂信次郎・古田徳郎)
関西交響楽団(柴田仁)
新日本交響楽団(大宮真琴)
国立交響楽団の設立を巡って(近衛秀麿)
フランスの交響楽運動(遠山一行)
イギリスの交響楽運動(朝比奈隆)
全国交響楽団運動現状報告

■創造の大胆さとインスピレーションについて(A・ハチャトゥリャン)
■ヨハネス・ブラームス論<完>(門馬直美)
■現代日本作曲家群像:団伊玖麿(富樫康)

■グラビア:ブダペスト四重奏団

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ、蔵印、ホチキス錆。
\2,000
再入荷 D-1017
音楽芸術 昭和29年5月号

第12巻第5号
■ショスタコーヴィッチ特集
平和のためにたたかう世界の進歩的音楽者たち(D・ショスタコーヴィッチ)
苦悩する天才(園部四郎)
ショスタコーヴィッチと現代音楽(座談会:戸田邦雄・原太郎・深井史郎)
現代ギター音楽の内容と傾向について(小原安正)
■現代日本作曲家群像:石井歓・中田喜直(富樫康)
A5版134頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1018
音楽芸術 昭和29年6月号

第12巻第6号
■ある現代作曲家の肖像―ルイジ・ダラピッコラ(辻啓一)
■シェーンベルクと我々―フランク・マルタンの見解について(鳥養澄子)
■デ・ショスタコヴィッチの第十シンフォニー(ハチャトゥリャン)
■電子音楽の世界(諸井誠)
■ディミトリー・ショスタコーヴィッチ(属啓成)
■音楽雑誌変遷史(1)(牛山充)

■グラビア:カラヤン/ハイフェッツ/バックハウス/タリアビーニ
■付録楽譜「ヨハン・シュトラウス 歌劇「ジプシー男爵序曲」つき

A5版128頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ 
\2,000
再入荷 D-1019
音楽芸術 昭和29年7月号

第12巻第7号
■現代音楽をめぐって(座談会:戸田邦雄・入野義郎・平島正郎・間宮芳生・諸井誠・林光・遠山一行)
■松平頼則の音楽と人間の形成
■欧州日記(石井歓)
■メシアンのウラヌグゥリィーラァー交響曲(松平頼則)
■カラヤンの指導を受けて(前田幸市郎・平井哲三郎・石丸寛)
■グラビア:マリア・ルイザ・アニド/三宅洋一郎・春恵

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ、背少サケ、埃汚れ、蔵印
\2,000
再入荷 D-1020
音楽芸術 昭和29年8月号

第12巻第8号
■現代音楽における技法、形式探究上の若干の問題(諸井三郎)
■フランス近代の巨匠たちの現代音楽への投影(大築邦雄)
■ヴァーグナーと現代音楽(長谷川良夫)
■グリンカの民族主義(井上頼豊)
■シェーンベルクの影響(入野義郎)
■ピエール・シェッフェルとミュジック・コンクレート(松本太郎)
■ストラヴィンスキーの現代音楽への投影(塚谷晃弘)
■現代フランス音楽の青春時代(三潴末松)
■現代日本作曲家群像:芥川也寸志(富樫康)

■グラビア:ヘルムート・ヘラー/柳兼子

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ
\2,000
再入荷 D-1021
音楽芸術 昭和29年9月号

第12巻第9号
■早坂文雄と汎東洋主義音楽論 (聞き手・三浦淳史)
■座談会・関西の楽壇と批評活動を語る(吉村一夫・鳥海一郎・藁科雅美・柴田仁・西山広一・中曽根松衛)

■音楽と芸術についての書簡(1)(ムソルグスキー)
■荻原英一先生を悼んで(井口愛子・梶原完)
■グラビア:荻原英一・田辺尚雄

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ 埃汚れ、蔵印、ホチキス錆
SOLD OUT
再入荷 D-1022
音楽芸術 昭和29年10月号

第12巻第10号
■ストラヴィンスキーの「音楽の詩学」(秋山邦晴)
■今日のオペラ問題(座談会:村田武雄・団伊玖磨)
■第28回世界音楽祭(松平頼則)

■音楽に関する書簡(2)(ムソルグスキー)

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ。角少シミ
\2,000
再入荷 D-1023
音楽芸術 昭和29年11月号

第12巻第11号
■楽曲解釈上の諸問題(プリングスハイム)
■バッハの音楽と生活(E・フィッシャー)
■ジャズの演奏方式(野川香文)
■私の演奏論(畑中良輔)
■演奏について(井上頼豊)
■座談会・現代音楽の演奏について(深井史郎・岩淵竜太郎・高田三郎・平島正郎)
■現代日本作曲家群像:黛敏郎(富樫康)
■音楽に関する書簡(3)(ムソルグスキー)

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ 埃汚れ、蔵印
SOLD OUT
再入荷 D-1024
音楽芸術 昭和29年12月号

第12巻第12号
■三十年後の芸術(中島健蔵)
■一九八五年の音楽−作家論を中心に(戸田邦雄)
■パンドラの箱−1954年から1984年の音楽(新俊介)
■別宮貞雄氏に聴く(座談会 別宮貞雄・柴田南雄・平島正郎)
■音楽ノート(ダヴィド・オイストラフ)
■この秋前半の演奏会をめぐって―外来音楽家を中心に(野村光一・大木正興・平島正郎)

■音楽と芸術に関する書簡(4)(ムソルグスキー)

A5版110頁 本体経年によるヤケシミ 埃汚れ、蔵印
\2,000
再入荷 D-1025
音楽芸術 昭和30年1月号

第13巻第1号
■アーノルド・シェーンベルク(小倉朗)
■演奏批評をめぐって(座談会:入野義郎・森正・佐々木行綱・柴田睦陸・平島正郎)

■音楽に関する書簡(ムソルグスキー)
■楽曲解釈上の諸問題(2)(プリングスハイム)
■ベルリン通信(甲斐正雄)
■マドリード通り(小原安正)
■現代日本作曲家群像:諸井誠(富樫康)
■グラビア:フルニエほか

A5版128頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ・蔵印、ホチキス錆
SOLD OUT
再入荷 D-1026
音楽芸術 昭和30年2月号

第13巻第2号
■カール・オルフ(石井歓)
■ゴーリキーと音楽(イ・ピクサーノフ)
■楽曲解釈上の諸問題(3)(プリングスハイム)
■座談会:日本の音楽学の動向(張源祥・馬淵卯三郎・酒井淳・谷村晃)

■グラビア:ジュリアス・カッチェン/江藤俊哉/辻荘一

A5版118頁。 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ・蔵印。
\2,000
再入荷 D-1027
音楽芸術 昭和30年3月号

第13巻第3号
■座談会:放送音楽の現状と実際(藁科雅美・門馬直美・中野吉郎・梶原良喜・平島正郎)
■ドミトリー・カバレフスキー(エリ・ダニレヴィッチ)
■日本ヴァイオリン界の現状(大木正興)
■ゴーリキーと音楽U(イ・ピクサーノフ)
■「労音」とその在り方(木村重雄)
■スペイン通信(小原安正)


■グラビア:二見孝平/矢田部勁吉

A5版118頁。 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ。
\2,000
再入荷 D-1028
音楽芸術 昭和30年4月号

第13巻第4号
■演奏家と批評家(河上徹太郎)
■トスカニーニとフルトヴェングラー(田代秀穂)
■芥川也寸志にソヴェト・中国の楽壇事情を聞く
■修善寺物語と創作オペラ(座談会:栗山昌良・諸井誠・松平頼則・吉田秀和)
■楽曲解釈上の諸問題(プリングスハイム)
■「ソヴェト音楽」に紹介された「音楽芸術」(小宮多美江)

■グラビア:ダヴィッド・オイストラフ/ウィンフリート・ヴォルフ

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ、蔵印。
\2,000
再入荷 D-1029
音楽芸術 昭和30年5月号

第13巻第5号
■ヨーロッパで学んだこと(別宮貞雄)
■ジョン・ケージ(鈴木博義)
■ダラピッコラ夜間飛行<1>(柴田南雄)
■オイストラッフに聴く (座談会 オイストラッフ・小倉朗・柴田南雄・箕作秋吉ほか)

■グラビア:野村光一・齋藤秀雄

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1030
音楽芸術 昭和30年6月号

第13巻第6号
■ベーラ・バルトーク(林光)
■現代社会と音楽の「革命」−ソヴェト音楽をめぐって(北沢方邦)
■オイストラッフの来日(座談会:柴田南雄・芥川也寸志・平島正郎)
■ダラピッコラのオペラ夜間飛行(2)(柴田南雄)
■書斎訪問:中田喜直
■グラビア:井口基成・菅原明朗

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ・蔵印
\2,000
再入荷 D-3002
音楽芸術 昭和30年7月号

第13巻第7号
■トルストイと音楽(ゴリデンヴェイゼル・グーセフ)
■エリ・ホジャ=エイナトフのシンフォニック・スタイルについて(ドルウスキン)
■座談会:シンフォニー・オブ・ジ・エアー(森正・大宮真琴・佐藤馨・寺西春雄・平島正郎)
■音楽留学生は語る(座談会)(大町陽一郎・梶原完・金子登・田村宏)
■書斎訪問:深井史郎
■音楽家の発言(鷲見三郎・柳兼子・岩船雅一)

A5版116頁 本体経年によるやけシミ、埃汚れ・蔵印、ホチキス錆。
\2,000

再入荷 D-1031
音楽芸術 昭和30年8月号

第13巻第8号
■プロコフィエフと社会主義藝術(大築邦雄)
■バッハと現代(野村良雄)
■成長する新中国の音楽(村松一弥)
■音楽の時間制に関する考察(久納慶一)

■グラビア:藤原義江・田中希代子・砂原美智子

A5版118頁。本体経年によるヤケシミ、埃汚れ・蔵印。
SOLD OUT
再入荷 D-1032
音楽芸術 昭和30年9月号

第13巻第9号
■日本の音楽について(D・オイストラフ)
■うたごえ運動の意義(林光)
■ハイ・ファイの愉しみと最近の録音、再生装置(高城重躬)
■「幼児イエズスへの二十の眼ざし」の中にみるメシアンの手法(高田三郎)
■マンボ流行を探る
■ベルリンの音楽界(座談会)(甲斐正雄・桑島健一・田中路子・日高久子)

■グラビア:高折宮次・堀内敬三

A5版126頁。 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ・蔵印
SOLD OUT
再入荷 D-1033
音楽芸術 昭和30年10月号

第13巻第10号
■アルバン・ベルク―生粋の維納気質(柴田南雄)
■リヒアルト・シュトラウス論(石井歓)
■現代人のシューベルト論(辻啓一)
■音楽創造における重要な要素について(箕作秋吉)
■ギター音楽の新しい方向(高橋功)
■ショパンのエテュード(兼常清佐)
■書斎訪問:伊福部昭
■陽よけ棚(小山清茂)

■グラビア:豊増昇

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ、埃汚れ・蔵印、ホチキス錆。
\2,000
再入荷 D-1034
音楽芸術 昭和30年11月号

第13巻第11号
■ダラピッコラをめぐって(入野義郎)
■ミュンヘンの音楽界・生活―在ミュンヘン留学生を中心に(朝倉靖子・大賀典雄・木下武久・松内和子・中山悌一・井内澄子)
■ハチャトゥーリャン論(井上和男)
■創作にあたっての民謡の処理について(間宮芳生)
■沖縄の音楽界の現状(赤星建彦)
■マンドリン音楽の現況(高橋功)
■音楽家の発言(鰐淵賢舟・井上頼豊・中田喜直)

■グラビア:ミッシャ・エルマン/タリアヴィーニ・タッシナーリ夫妻

A5版118頁。体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
再入荷 D-1035
音楽芸術 昭和30年12月号

第13巻第12号
■童謡論(サトウ・ハチロー)
■私の童謡雑記帳(中田喜直)
■組織としての合唱運動批判(石丸寛)
■気にかかる問題―第二回ソヴェト作曲家大会によせて(A・ハチャトゥリャン)
■パリの音楽界(座談会:牧定忠・遠山一行・矢代秋雄・豊田耕児・深作光貞)
■早坂文雄君の死を悼む(清瀬保二)
■音楽コンクール評(貴島清彦・井上頼豊・日比野愛次・高折宮次・秋元雅一朗)
■エルマン、五十年まえと今と(小野アンナ)

■グラビア:早坂文雄氏逝く

A5版126頁。本体経年によるヤケシミ、埃汚れ・蔵印、ホチキス錆
SOLD OUT
音楽藝術1 | 音楽藝術2 | 音楽芸術3 | 音楽芸術4
  HOMEへ   ご注文