雑誌:音楽藝術本文へジャンプ 1
HOME
 
漫画
戦前の単行本
戦後の単行本
付録
雑誌
新書版
研究・評論・資料
色紙・原画
 
挿絵・絵物語・童画
少年もの
少女もの
児童もの
 
音楽
作曲家
演奏家
音楽史
声楽・歌劇・舞踊
エッセイ・評論
理論・教育・技法
音楽学
楽器・オーディオ
プログラム・資料  
雑誌
日本音楽・民族音楽
軽音楽・流行歌
 
芸能・映画
喜劇人
俳優
映画史
パンフレット・資料
 
美術
展覧会図録・画集
画廊小冊子
雑誌
  



音楽藝術1 | 音楽藝術2 |  音楽芸術3 | 音楽芸術4    |
 

NEW! D-3001
音楽藝術 昭和25年2月号
■ストラヴィンスキーと新古典主義(塚谷晃弘)
■運弓法について(鷲見三郎)
■オスカー・レヴァント(野川香文)
■マルセル・モイーズ(田辺秀雄)
■音楽技術面に欠けているものは何かー教育面について(城多又兵衛)創作批評について(入野義朗)
■南方で聴いた音楽(佐野鋤)
■楽壇五十年史(石倉小三郎・牛山充・大田黒元雄・ジェームスダン・堀内敬三)

A5版100頁 本体経年によるやけ・ホチキス錆び・背下サケ
SOLD OUT
D-1001
音楽藝術 昭和27年11月号
■ヨハネス・ブラームス論<4>(門馬直美)
■イタリヤ音楽の動向―戦前より今日に至る(天野秀延)
■雅楽の現代楽化について(松平頼則)
■現代日本作曲家群像 渡辺浦人/平井康三郎

A5版116頁 本体経年によるヤケシミ。背上下サケ。
SOLD OUT
D-1002
音楽藝術 昭和28年1月号
■ヨハネス・ブラームス論<6>(門馬直美)
■コルトーと切符(白野弁十郎)
■1952年のバイロイト音楽祭(属啓成)
■伊福部昭と早坂文雄(三浦淳史))

■グラビア 1952年のバイロイト音楽祭 4P

A5版128頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。裏表紙破れ痛み欠
SOLD OUT
D-1003
音楽藝術 昭和28年3月号
■戦後ソヴェト楽界の胎動(井上頼豊)
■ニホン人の音楽的素質(兼常清佐)
■中山晋平氏を悼む(牛山充)

■ヨハネス・ブラームス論<7>(門馬直美)

■グラビア・箕作秋吉・清瀬保二

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。背痛み欠。裏少カケ
SOLD OUT

D-1004
音楽藝術 昭和28年2月号
■ジュネーヴ国際演奏コンクールに関するニュース
■現代日本作曲家群像 尾高尚忠/清水脩

■グラビア:松平頼則

A5版118頁 本体経年によるヤケ。表紙端少破れ欠。
SOLD OUT
D-1005
音楽藝術 昭和28年4月号
■特集・現代日本音楽―戦後に於ける作曲回展望
新作曲派協会の戦後の仕事(松平頼則)
私の戦後の仕事とこれからの創作プラン(箕作秋吉・黛敏郎・団伊玖磨ほか)
1945年以後の作曲会批判(原太郎)

■清瀬保二欧州帰朝談(清瀬保二・松平頼則・山根銀二)

■グラビア:ヨーゼフ・シゲティ

A5版110頁 本体経年によるヤケ
SOLD OUT
D-1006
音楽藝術 昭和28年6月号
■スクリャービンの神秘の和音(A・E・ハル 小松平五郎)
■ロシア音楽におけるプーシキン(アサフィエフ)
■ドデカフォニストとその仕事(対談:柴田南雄・入江義郎)
■現代イタリー作曲界概観(清瀬保二)
■兼常清佐氏の文体について(小山郁之進)
■源田印本作曲家群像 伊福部昭

■グラビア:マリアン・アンダーソン

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ。裏表印。少書込み。背下サケ
SOLD OUT
D-1007
音楽藝術 昭和28年7月号
■フランス現代作曲家に見られる中世音楽の再評価(野村良雄)
■バルトーク・作品から観た現代音楽(属啓成)
■シゲティの指導を受けて(鈴木共子・丘理子・植村由美子・有松洋子)
■現代作曲家群像 早坂文雄

A5版126頁 本体経年によるヤケ。背上下サケ下カケ。
SOLD OUT
D-1008
音楽藝術 昭和28年8月号
■ヨハネス・ブラームス論<10>(門馬直美)
■作曲家と演奏家との提携(D・ショスタコーヴィッチ)
■パウル・ヒンデミット(属啓成)

■グラビア:山田耕筰

A5版124頁 本体経年によるヤケシミ。ホチキス錆・背痛み・裏表、本体よりはずれ
SOLD OUT
D-1009
音楽藝術 昭和28年9月号
■特集・大衆音楽論
ラジオ音楽の大衆性と芸術性(堀内敬三)
大衆とタンゴについて(北村維章)
ジャズ・タンゴ熱を批判する(門馬直美)
ジャズ熱に対する批判と正しいジャズ鑑賞(紙恭輔)

■グラビア 大田黒元雄・近衛秀麿

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ
SOLD OUT
D-1010
音楽藝術 昭和28年10月号
■特大号・二十世紀の作曲家
R・シュトラウス/シェーンベルク/ベルク/ヒンデミット/ヴェレス/ウェーベルン/クシェネーク/ドビュッシー/デュカ/ルーセル・サティ/ミヨー/オネゲル/ジョリヴェ/メシアン/イベール/レイボヴィッツ/スクリャービン/ラフマニノフ/ミャスコフスキー/ストラヴィンスキー/ショスタコーヴィチ/プロコフィエフ/ハチャトゥリャン/カバレフスキー/バルトーク/コダーイ/ウォルトン/デリアス/ウィリアムス/ラムバート/ブリテン/レスピーギ/カゼッラ/ピツェッティ/ダラピッコラ/テデスコ/ガーシュイン/カーペンター/ピストン/ハンソン/ダイアモンド/ブロッホ/メノッティ/トムソン/セションズ/W・シューマン/R・ハリス/コープランド/グローフェ/グリューンバーグ/マルタン/シベリウス/ファリャ/アルベニス/グラナドス


A5版216頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ
SOLD OUT
D-1011
音楽藝術 昭和28年11月号
■特集:廿世紀作曲界展望
ソヴェト楽壇と作曲家(井上頼豊)
現代フランス楽壇と作曲家(松本太郎)
現代アメリカ楽壇と作曲家(三浦潤)
中南米の作曲家(三浦淳史)
英国合唱音楽の新世紀(D・ブリットン)
ドイツとチェコの現代音楽界(渡辺護)
現代イタリア音楽イタリア音楽(門馬直美)
中東現代音楽への展望(井上和男)

■ソヴェト東欧の音楽事情-ショスタコヴィッチ会見記(羽仁五郎)

■グラビア:アイザック・スターン/ソロモン/ラザール・レヴィ

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
D-1012
音楽藝術 昭和28年12月号
■ヨハネス・ブラームス論<8>(門馬直美)
■現代イタリア楽壇と作曲家(徳永政太郎)
■イゴール・ストラヴィンスキー(属啓成)
■遠山一行氏に欧州楽界の様子を聞く(座談会・柴田南雄・木村重雄・塚谷晃弘)

■グラビア:ジャン・マルティノン/ゲルハルト・ヒッシュ

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ・埃汚れ
SOLD OUT
再入荷 D-1013
音楽藝術 昭和29年1月号
■特集・現代代表作品研究
シェーンベルク「ワルソーの生き残り」(諸井誠)
ベルク「ヴァイオリン協奏曲」(入野義郎)
ウェーベルン「九つの楽器のための室内協奏曲」(〃)
メシアン「世の終わりのための四重奏」(石桁真礼生)ほか

■マルティノンと彼の芸術を語る(池内友次郎・安川加寿子・山根銀二)
■クロイツァー先生の死を悼んで(高折宮次)

A5版220頁 本体経年によるヤケシミ
SOLD OUT
再入荷 D-1014
音楽藝術 昭和29年2月号
■ドデカフォニズム是非論
前衛藝術としての十二音音楽への批判(守田正義)
十二音の音楽について(中田喜直)
反十二音的考察(戸田邦雄)
十二音音楽は衰退しつつあるか―E・クシェネックの意見(辻啓一)
■3人の会の発言(座談会:団伊玖磨・芥川也寸志・黛敏郎)
■平尾貴四男のこと(高田三郎)
■平尾貴四男における技法について(松平頼則)
■グラビア:下総ユ一・平尾貴四男

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ
SOLD OUT
再入荷 D-1015
音楽藝術 昭和29年3月号
■ヨハネス・ブラームス論<12>(門馬直美)
■印度音楽ノート(印度大使館提供)
■ヒッシュと語る(座談会:牛山充・属啓成・山根銀二・松本馨)
■セルゲイ・プロコフィエフ(属啓成)


■具象音楽に対する意見(土田貞夫)
■ミュジック・コンクレットへの一私見(塚谷晃弘)
■ミュージック・コンクレート(木村重雄)
■海外ギター音楽の動向(高橋功)
■グラビア:安藤幸子・ジェルメーヌ・ルルー

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ。
\2,000
再入荷 D-1016
音楽藝術 昭和29年4月号
■特集・日本の交響楽団運動を批判する
日本に於ける交響楽運動史(牛山充)
NHK交響楽団(大木正興・木村重雄)
東京交響楽団(属啓成・村田武雄)
東フィルと近衛(野呂信次郎・古田徳郎)
関西交響楽団(柴田仁)
新日本交響楽団(大宮真琴)
国立交響楽団の設立を巡って(近衛秀麿)
イギリスの交響楽運動(朝比奈隆) ほか

■ヨハネス・ブラームス論<完>(門馬直美)
■団伊玖麿(富樫康)

■グラビア:ブダペスト四重奏団

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
再入荷 D-1017
音楽藝術 昭和29年5月号
■ショスタコーヴィッチ特集
平和のためにたたかう世界の進歩的音楽者たち(D・ショスタコーヴィッチ)
苦悩する天才(園部四郎)
ショスタコーヴィッチと現代音楽(座談会:戸田邦雄・原太郎・深井史郎)
現代ギター音楽の内容と傾向について(小原安正)

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1018
音楽藝術 昭和29年6月号
■ある現代作曲家の肖像―ルイジ・ダラピッコラ(辻啓一)
■シェーンベルクと我々―フランク・マルタンの見解について(鳥養澄子)
■電子音楽の世界(諸井誠)
■ディミトリー・ショスタコーヴィッチ(属啓成)

■グラビア:カラヤン/ハイフェッツ/バックハウス/タリアビーニ

A5版128頁 本体経年によるヤケシミ・背上少欠 下サケ
SOLD OUT
再入荷 D-1019
音楽藝術 昭和29年7月号
■現代音楽をめぐって(座談会:戸田邦雄・入野義郎・平島正郎・間宮芳生・諸井誠・林光・遠山一行)
■松平頼則の音楽と人間の形成

■カラヤンの指導を受けて(前田幸市郎・平井哲三郎・石丸寛)
■グラビア:マリア・ルイザ・アニド

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ、背少サケ
SOLD OUT
再入荷 D-1020
音楽藝術 昭和29年8月号
■ヴァーグナーと現代音楽(長谷川良夫)
■グリンカの民族主義(井上頼豊)
■シェーンベルクの影響(入野義郎)
■ピエール・シェッフェルとミュジック・コンクレート(松本太郎)
■ストラヴィンスキーの現代音楽への投影(塚谷晃弘)

■グラビア:ヘルムート・ヘラー/柳兼子

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1021
音楽藝術 昭和29年9月号
■早坂文雄と汎東洋主義音楽論 (聞き手・三浦淳史)
■座談会・関西の楽壇と批評活動を語る(吉村一夫・鳥海一郎・藁科雅美・柴田仁・西山広一・中曽根松衛)

■音楽と芸術についての書簡(1)(ムソルグスキー)
■荻原英一先生を悼んで(井口愛子・梶原完)
■グラビア:荻原英一・田辺尚雄

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1022
音楽藝術 昭和29年10月号
■ストラヴィンスキーの「音楽の詩学」(秋山邦晴)
■今日のオペラ問題(座談会:村田武雄・団伊玖磨)
■第28回世界音楽祭(松平頼則)

■音楽に関する書簡(2)(ムソルグスキー)

A5版134頁 本体経年によるヤケシミ。角少シミ
\2,000
再入荷 D-1023
音楽藝術 昭和29年11月号
■楽曲解釈上の諸問題(プリングスハイム)
■バッハの音楽と生活(E・フィッシャー)
■ジャズの演奏方式(野川香文)
■座談会・現代音楽の演奏について(深井史郎・岩淵竜太郎・高田三郎・平島正郎)
■黛敏郎(富樫康)
■音楽に関する書簡(3)(ムソルグスキー)

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ。・背上サケ
SOLD OUT
再入荷 D-1024
音楽藝術 昭和29年12月号
■別宮貞雄氏に聴く(座談会 別宮貞雄・柴田南雄・平島正郎)
■音楽ノート(ダヴィド・オイストラフ)
■この秋前半の演奏会をめぐって―外来音楽家を中心に(野村光一・大木正興・平島正郎)

■音楽と芸術に関する書簡(4)(ムソルグスキー)

A5版110頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1025
音楽藝術 昭和30年1月号
■アーノルド・シェーンベルク(小倉朗)
■演奏批評をめぐって(座談会:入野義郎・森正・佐々木行綱・柴田睦陸・平島正郎)

■音楽に関する書簡(ムソルグスキー)
■楽曲解釈上の諸問題(2)(プリングスハイム)
■グラビア:フルニエほか

A5版128頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1026
音楽藝術 昭和30年2月号
■カール・オルフ(石井歓)
■ゴーリキーと音楽(イ・ピクサーノフ)
■楽曲解釈上の諸問題(3)(プリングスハイム)

■グラビア:ジュリアス・カッチェン/江藤俊哉

A5版118頁。 本体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
D-1027
音楽藝術 昭和30年3月号
■ドミトリー・カバレフスキー(エリ・ダニレヴィッチ)
■日本ヴァイオリン界の現状(大木正興)
■ゴーリキーと音楽U(イ・ピクサーノフ)

■グラビア:二見孝平/矢田部勁吉
■別冊付録:楽譜(「弦楽四重奏曲op59-3」ベートーヴェン)つき

A5版118頁。 本体経年によるヤケシミ。ホチキス錆。
SOLD OUT
再入荷 D-1028
音楽藝術 昭和30年4月号
■演奏家と批評家(河上徹太郎)
■トスカニーニとフルトヴェングラー(田代秀穂)
■芥川也寸志にソヴェト・中国の楽壇事情を聞く
■修善寺物語と創作オペラ(座談会:栗山昌良・諸井誠・松平頼則・吉田秀和)
■楽曲解釈上の諸問題(プリングスハイム)

■グラビア:ダヴィッド・オイストラフ

A5版118頁 本体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
再入荷 D-1029
音楽藝術 昭和30年5月号
■ヨーロッパで学んだこと(別宮貞雄)
■ジョン・ケージ(鈴木博義)
■ダラピッコラ夜間飛行<1>(柴田南雄)
■オイストラッフに聴く (座談会 オイストラッフ・小倉朗・柴田南雄・箕作秋吉ほか)

■グラビア:野村光一・齋藤秀雄

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ
\2,000
再入荷 D-1030
音楽藝術 昭和30年6月号
■ベーラ・バルトーク(林光)
■現代社会と音楽の「革命」−ソヴェト音楽をめぐって(北沢方邦)
■オイストラッフの来日(座談会:柴田南雄・芥川也寸志・平島正郎)
■ダラピッコラのオペラ夜間飛行(2)(柴田南雄)
■グラビア:井口基成・菅原明朗

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
NEW! D-3002
音楽藝術 昭和30年7月号
■トルストイと音楽(ゴリデンヴェイゼル・グーセフ)
■エリ・ホジャ=エイナトフのシンフォニック・スタイルについて(ドルウスキン)
■音楽留学生は語る(座談会)(大町陽一郎・梶原完・金子登・田村宏)
■音楽家の発言(鷲見三郎・柳兼子・岩船雅一)

A5版116頁 本体経年によるやけシミ。
\2,000

再入荷 D-1031
音楽藝術 昭和30年8月号
■プロコフィエフと社会主義藝術(大築邦雄)
■バッハと現代(野村良雄)
■成長する新中国の音楽(村松一弥)

■グラビア:藤原義江・田中希代子・砂原美智子

A5版118頁。本体経年によるヤケシミ。
SOLD OUT
再入荷 D-1032
音楽藝術 昭和30年9月号
■日本の音楽について(D・オイストラフ)
■ハイ・ファイの愉しみと最近の録音、再生装置(高城重躬)
■メシアンの手法(高田三郎)
■マンボ流行を探る
■ベルリンの音楽界(座談会)(甲斐正雄・桑島健一・田中路子・日高久子)

■グラビア:高折宮次・堀内敬三

A5版126頁。 本体経年によるヤケシミ・表紙インクシミ
SOLD OUT
再入荷 D-1033
音楽藝術 昭和30年10月号
■アルバン・ベルク―生粋の維納気質(柴田南雄)
■リヒアルト・シュトラウス論(石井歓)
■現代人のシューベルト論(辻啓一)
■ギター音楽の新しい方向(高橋功)
■ショパンのエテュード(兼常清佐)

■グラビア:豊増昇

A5版126頁 本体経年によるヤケシミ。
\2,000
再入荷 D-1034
音楽藝術 昭和30年11月号
■ダラピッコラをめぐって(入野義郎)
■ミュンヘンの音楽界・生活―在ミュンヘン留学生を中心に(朝倉靖子・大賀典雄・木下武久・松内和子・中山悌一・井内澄子)
■ハチャトゥーリャン論(井上和男)
■創作にあたっての民謡の処理について(間宮芳生)
■沖縄の音楽界の現状(赤星建彦)

■グラビア:ミッシャ・エルマン/タリアヴィーニ・タッシナーリ夫妻

A5版118頁。体経年によるヤケシミ。
\2,000
再入荷 D-1035
音楽藝術 昭和30年12月号
■童謡論(サトウ・ハチロー)
■私の童謡雑記帳(中田喜直)
■気にかかる問題―第二回ソヴェト作曲家大会によせて(A・ハチャトゥリャン)
■パリの音楽界(座談会:牧定忠・遠山一行・矢代秋雄・豊田耕児・深作光貞)
■早坂文雄君の死を悼む(清瀬保二)

■グラビア:早坂文雄氏逝く

A5版126頁。本体経年によるヤケシミ。背下サケ
SOLD OUT
音楽藝術1 | 音楽藝術2 | 音楽芸術3 | 音楽芸術4
  HOMEへ   ご注文